製品案内

DIR

DIR 医薬品情報を完全網羅したデータベース データベース・システムが処方・調剤の安全性と適正性をチェックし、業務の効率化を促進します

特徴

「DIR:ディー・アイアール」とは?

18,000品目もの医療品医薬品の添付文書情報を完全網羅した医薬品データベースです。

最新の情報 日々更新される添付文書の最新版をもとに、選任の薬剤師がデータベースの開発・メンテナンスを行っており、毎月最新のデータベースをご提供します。

高い信頼性 薬剤師とSEが連携を図りながら、1990年以来更新・蓄積してきたデータ量は、医薬品データベースの中でも群を抜いています。
膨大な医薬品情報を合理的に処理し、添付文書や各種文献を参考に薬剤師がきめ細かなメンテナンスを行うことにより、漏れのないチェックや検索を可能にしています。

DIRの導入により、次のようなことが実現可能になります。
リスクマネージメント
処方・調剤を行う際の医薬品の安全性・適正性チェック
業務の効率化
処方・調剤を行う際の医薬品の安全性・適正性チェック
DIR独自の情報処理技術。

添付文書の記載は様々であり、同義語であっても異なる表現で記載されている場合が多々あります。
そこで、添付文書に記載されている用語や文節に対して一定のルールに従ったマークアップを行い、内容ごとに分類したうえで、異なる表現を同義語処理(シソーラス化)することによって、チェックや検索の結果に漏れが生じることがないようにしています。

Stevens-Johnson 症候群 ⇔ 皮膚粘膜眼症群 (同義語の関連付け) | 血圧低下作用が増強 ⇔ 降圧作用が増強 (同義語の関連付け)

DIRを利用した商品一覧

Recepty NEXT
調剤システム・電子薬歴・情報共有・モバイル端末ASPサービスの全てを融合。
料金プランも調剤システムにとって革新的ともいえる「従量課金制」を採用しました。 患者様に選ばれ、喜ばれ、医療医薬業界をリードする調剤薬局様のためのシステム「Recepty NEXT」は、調剤システムのあり方を変えます。 (EMシステムズ製)
Ext-DIR for RX
電子カルテシステムHOPE/EGMAIN-RX用のデータベースです。
処方監査を行い、相互作用チェック、禁忌病名チェック、患者属性チェック、長期制限チェック、用法用量チェック、食物アレルギーチェック、薬物アレルギーチェックを行うことが出来ます。
また、後発品検索、添付文書PDFファイル表示が可能になります。 (富士通向け)
DIR for CX
電子カルテシステムHOPE/EGMAIN-CX用のデータベースです。
処方監査を行い、相互作用チェック、適応病名チェック、禁忌病名チェックを行うことが出来ます。 (富士通向け)
DIR for SX-R
医療事務システムHOPE/SX-R 処方入力オプション用のデータベースです。
処方監査を行い、相互作用チェック、禁忌病名チェック、患者属性チェック、長期制限チェック、用法用量チェック、食物アレルギーチェック、薬物アレルギーチェックを行うことが出来ます。
また、後発品検索、添付文書PDFファイル表示が可能になります。 (富士通向け)
DIR for SX-J
医事会計システムHOPE/SX-J用のデータベースです。 相互作用チェック、適応病名チェック、禁忌病名チェックを行うことが出来ます。 (富士通向け)
Preforum
処方オーダー・注射オーダーチェックシステムです。
電子カルテシステム・オーダリングシステムにて、オーダー確定時に添付文書の記載内容に基づいて各種チェックが可能です。 (タカゾノ製)
Dsforum
医薬品DI情報検索システムです。
電子カルテシステム・オーダリングシステムにて、医薬品検索・擬似(バーチャル)処方チェックなどのDIで業務支援が可能です。 (タカゾノ製)
フォレストチャート
病棟薬剤業務の支援を第一に考えた服薬指導システムです。
日常の患者プロファイル業務をコンピュータ上で実現。誰にでもスムーズに操作できる、やさしいインターフェイスです。 (タカゾノ製)